エイブル

エイブルの賃貸管理サービスの特徴

本ページでは、東京・赤坂の大手不動産業者、エイブルの賃貸管理について、特徴や強み、実績、口コミ評判などを掘り下げてご紹介していきたいと思います。

既に賃貸物件を所有されている方、あるいはこれから不動産投資を検討される方は、少なくともエイブルという名称はご存知のことでしょう。

人気タレントさんを起用したテレビCMを積極的に放映している大手不動産会社の一角であり、全国規模で賃貸物件仲介や賃貸管理を行なっています。ちなみに横浜市内だけのも、実に26店舗を有している程です。また、2011年以降は、こちらもテレビCMなどでお馴染みの賃貸物件ポータルサイトCHINTAIを傘下に擁しています。

そうした出自の大手だけあり、賃貸管理においては、入居者募集から空室対策まで、多角的に物件オーナーをサポートする体制を整えているとのこと。

とりわけ、全国規模で展開するエイブルの店舗およびCHINTAIのネットワークをフル活用できるのが同社ならではの強みとしています。入居者がなかなか決まらないといった場合には、専門スタッフがこれまでのノウハウや最新事情を鑑み、多角的に提案。

また場合によっては、物件のリフォームにより不動産価値を高め、入居率を向上させるという提案も行うとのこと。

さらにはオプションとして、エアコンや給湯器などの設備が故障しメーカー保証切れといった場合にそれらの修理や交換をサポートするプランも用意されています。もちろん入居者からのクレームやトラブル対応も24時間365日の体制を完備。加えて、家賃滞納が発生した場合は、最長12ヶ月間の滞納保証サービスにより、オーナーの不安を解消するといったものも用意されています。

なお、実績面については、かつてはホームページ上でアピールされていたそうですが、現在では、賃貸管理の実績や入居率などは特に明記されていませんでした。また、一括借り上げもかつては実施していたようですが、現在新規の受付は行なっていないようです。

エイブルのリスク対応

空室リスクにはどうしている?

エイブルでは、家賃収入や不動産運営でもっともネックになる空室によるリスクを避けるために、サブリースによる家賃保証システムを取り入れています。
サブリースとは、賃貸物件を一括してエイブルが借り上げて転貸する仕組みのことで、物件のオーナーはエイブルから家賃の支払いを受けることになります。

もし、最終的な入居者が見つからずに空室になってしまったとしても、エイブルが家賃保証をしてくれるので、空室や入居者の状況にかかわらずに安定した収益を上げることができます。

また、入居者のトラブル対応や家賃回収、建物のメンテナンスなどの管理業務もエイブルが一括して行ってくれるので、オーナーが自ら管理する必要はありませんし、建物の状態も高い不動産価値を維持することができます。

サブリースのデメリットとして、オーナーは礼金や更新料を得ることはできない、一般募集よりも入手できる家賃の金額が下がることがあるなども挙げられますが、空室のリスクや広告料・仲介料金などの負担、煩わしい管理手続きや家賃滞納の悩みなどから解放されるので、得られるメリットのほうがはるかに上回るでしょう。

家賃滞納の対策は?

所有している物件を賃貸に出す場合、いくら入居者が増えても家賃が回収できないと、不動産運営による利益を上げることはできません。
家賃が滞納された場合は、催促を行えば支払ってもらえる可能性は高いですが、滞納する人は継続して支払いが滞ることも多いですし、催促や家賃回収などによる気苦労は計り知れません。

家賃の滞納は、うっかり振り込みを忘れたなどのケースもありますが、失業して収入がなくなった、支払う意思がないなど、人によっては回収が困難な場合もあります。
滞納した家賃を回収するには、書面や口頭による催促や督促、内容証明郵便による催告、少額訴訟、簡易裁判所からの支払督促、明渡訴訟、強制執行など段階を踏んで進んでいくもので、支払われない場合は最終的に回収するのまでに非常に手間や労力がかかります。

エイブルでは、家賃が滞納されてから督促や回収を行うのではなく、はじめから滞納しないような取り組みに力を入れています。
そのためには主に2種類のプランを利用することができますので、物件の種類や条件などによって使い分けるといいでしょう。

一括借り上げ(サブリース)

一括借り上げによるサブリースは、空室や入居の状況に左右されずにエイブルから家賃を毎月支払ってもらえますし、入居者による家賃の支払いも関係なく安定した収入につながります。

空室対策と共に、家賃の滞納によるリスクもなくすことができるので、これまで家賃の回収に苦労したことのある人にはおすすめです。
エイブルのサブリースは、契約期間が2年~10年、20年、30年と立地や構造にもよりますが長期的に家賃収入を得ることも可能で、募集設定家賃の90%が保証されているので、極端に低い料金になる心配もありません。

滞納保証付プロパティマネジメント

滞納保証付プロパティマネジメントとは、高い稼働率と良質な入居者の確保が見込める物件に対して、エイブルが賃料の延滞・滞納分を保証するものです。
サブリースとは異なり、入居者が支払う賃料のすべてをオーナーが受け取れる仕組みになっています。賃料の回収はエイブルが行いますが、もし入居者から家賃を回収できなかったとしても、確実に入金されるので滞納によるリスクはありません。

また、入居者の退去時に発生する現状回復費用の負担もないため、人気の高い立地や間取りの物件をお持ちなら利用するメリットは非常に高いといえます。
逆に、確実に入居者が集まるかどうかわからない場合は、空室保証も可能なサブリースを選んだほうがリスクは少ないでしょう。

エイブルの口コミ評判

検索してみましたが、エイブルに賃貸管理を依頼している方による口コミ評判は特に見当たりませんでした。

エイブルの基本データ

  • 本社…東京都港区元赤坂1-5-5 元赤坂SFビル(横浜市内に26店舗あり)
  • 設立…1979年
  • 資本金…記載なし
  • 宅地建物取引業…国土交通大臣免許番号(5)第5338号
  • 営業時間…店舗により異なる
  • 定休日…店舗により異なる
戸数別に選んだ横浜の賃貸管理会社2選はこちら
TOP