目的で選ぶ!横浜で任せたい賃貸管理会社まとめ » 今さら聞けない賃貸管理会社のいろは » 管理委託費について

管理委託費について

賃貸物件の管理委託費、気になる金額は?

本ページでは、不動産業者に賃貸物件の管理を依頼する場合、その管理委託費はどのくらい見ておくべきかについて解説します。

賃貸経営において、入居者の募集から契約手続き、家賃の徴収、建物の維持メンテナンスといった業務をオーナーがひとりですべておこなうことは、100%と断言はできませんが、限りなく不可能に近いというのが現実です。

それこそ、長年不動産業務に携わった経験のある方が、定年退職後に物件オーナーとなったというのなら話は変わってきますが、基本的には専門業者に任せるのが賢明です、

賃貸経営を成功させるには、その道のプロである不動産業者、とりわけ賃貸管理に長けた業者に協力を依頼するのが良いでしょう。

一方で、賃貸経営を行なっている方の多くは、物件の入手費用の返済というものを抱えているはず。

不動産業者への管理委託費用は、なるべく抑えたいというのは誰しも考えるでしょう。

そこでしっかり考えておきたいのが、その費用と委託する内容のバランス。もっと言ってしまえば、その委託管理費用に見合うだけのメリットがあるかどうかということになります。

気になる管理委託費用の目安となる相場は?

例えば、近年話題のサブリース。

空室になっても一定の賃料は保証されるのは大きなメリットですが、家賃の10%~20%分は管理業者側の取り分となってしまいます。

また敷金や保証金・礼金などは業者の取り分となり、加えて2年ごとに契約内容が見直しとなる条件が課せられているなど、デメリットも大きいという現実もあるのです。それこそ、立地がよい、物件に魅力があるといった場合には、却ってオーナーに不利となる場合もあります。この点をよく吟味しなければなりません。

一方、管理代行委託の場合、依頼する内容や範囲、そして業者によっても異なりますが、委託費用はサブリースに比べ、かなり低く抑えられます。

例えば、入居者募集と賃料回収代行を委託した場合、委託費用は賃料の5%前後が相場。敷金や保証金・礼金なども基本的にはオーナーの取り分となります。その代わり、空室が長期間に及んだとしても、その分の保証はありません。

参照元:イエカレ(https://plus-search.com/property_management/knowledges/column.php?entry=349)

以上を総合しますと、管理委託費はその金額に見合ったメリットが得られるかどうかで判断することが大切。サブリースにしても、管理代行委託にしても、あるいは入居者募集のみの場合でも、オーナーご自身でどう経営していくかをしっかり考え、シミュレーションするなどしてから結論を出すべきです。

RENTAL MANAGEMENT
ニーズ別・横浜にある
地域密着の
賃貸管理会社3選
管理コストを減らしたい! 管理をまる投げしたい! 一定収益を確保したい!
おすすめ会社 アルプス建設 横濱コーポレーション ザ・リーヴ
創業 1986年4月 2012年12月 1995年8月
拠点数 6拠点 2拠点 4拠点
特徴 自主管理を組合せた
管理手数料0%プラン!
投資用不動産に特化し
出口戦略までサポート
現状回復も負担する
サブリースシステム
公式HP 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る

横浜市内に本拠があり、手数料・管理戸数・実績数を公式HPに記載している賃貸管理会社のうち、下記のプラン別に最も実績数が多い会社を選定しています(2021年5月公式サイト確認時点)。※スマートフォンやタブレットで比較表を見る場合は、左にスクロールしてください。

  • 「一部委託」...管理会社が一部の管理業務のみ行うプラン
  • 「全部委託」...管理会社が管理業務を一括して行うプラン
  • 「サブリース」...管理会社が物件を一括して借り上げるプラン