HOME » 賃貸管理会社が対応できるトラブルとは » 賃貸マンションの水漏れは管理会社に相談しよう

賃貸マンションの水漏れは管理会社に相談しよう

賃貸マンションでも起こる水漏れトラブルの内容や原因、管理会社が行ってくれる対処法を見てみましょう。

1秒でも早く解決を!水漏れ被害の恐ろしさ

水漏れは、早急な対処が必要な問題です。特にマンションやアパートの場合、放置すると被害は一気に拡大していきます。

なぜなら、マンションやアパートはその構造上、水漏れが上の階から下の階まで広がっていくため、雨漏り箇所とは無関係の住人までもが被害に巻き込まれてしまいます。

水漏れによって訴訟問題にまで発展するケースもあるので、マンション経営者は水漏れ対策と対処方法を知っておきましょう。

ここでは、被害事例とその対処方法について紹介しています。

なぜ水漏れは起きてしまうのか?

水漏れが起きる主な原因は、大きく2つに分かれます。

設備の老朽化に伴う配管の腐食、劣化、接続不良の他にも、マンションの最上階やルーフバルコニーの劣化によって生じた亀裂から水が侵入し、直下の部屋が雨漏りになるというケースが多く見られます。

一方、洗濯機のホースが外れたり、防水処理されていない箇所が水洗いされたりといった、人為的な原因も挙げられるのです。

これらは原因の特定が極めて難しく、多くの場合発見したときにはすでに被害が深刻になっていることが多いです。よって、雨漏りの予防対策は常に考える必要があります。

賃貸マンションで水漏れを放っておくことで懸念される被害

水漏れを放置した場合、どうなるかを見ていきましょう。

床・壁の腐食

一番懸念すべきことは、床や壁などの腐食です。木は水を吸うことで次第に内部から腐食していき、黒や焦げ茶に変色していきます。

その結果、木はもろくなっていき、見た目も耐久性も著しく下がってしまいます。

それだけではありません。腐食して柔らかくなった木材というのは、シロアリが好んで食べる傾向にあり、生息しやすい環境を与えることになります。

シロアリに住み着かれてしまうと、建物の基礎部分が恐ろしいスピードで食べ荒らされてしまい、建物の寿命が著しく縮んでしまうのです。

そうなると、リフォームの費用がさらにかかってしまうため、コスト面で大きな被害が出てしまいます。

家財道具への被害

雨漏りが発生することで、床や壁だけではなく、家財道具にも被害が及ぶことがあります。湿気によって木製のたんすや棚なども腐食してしまう可能性がある他、カビが生える可能性もあります。

カビが生えることによって悪臭が発生する他、カビをエサにする害虫も発生し、家の環境は悪化してしまいます。他にも、電化製品が濡れて故障してしまうというのも、雨漏りで多く見られる被害のひとつです。

アパートやマンションの雨漏りで恐ろしいのは、こういった被害は真上の階だけではありません。

上の階の離れた部屋が雨漏りになっていても、壁の内部を伝って下の階全域に渡り雨漏りのリスクが発生します。雨漏りというのは、屋根だけではなく、壁からも発生するのです。

水漏れが発生している個所によって責任の所在は異なる

上記のような雨漏りを放置していた場合、最悪の場合訴訟にまで発展する可能性があります。

事実、現在でも雨漏りによる被害を訴えている判例は多く、決して珍しいケースではありません。

しかし、この訴訟による損害賠償の請求は、雨漏りの原因に該当する箇所によって請求する相手が変わります。

洗濯機のホースの装着不備といった、明らかに人為的な原因だと判断できる場合は、その原因を作っている人に請求することになります。

他にも、専有部分(借りている部屋に存在する水道管などの配管)が、明らかに入居者が原因で破壊してしまった場合、責任は入居者にあるため、その人が訴えても逆に損害賠償を請求されることになります。

しかし、経年劣化などが原因の場合は大家もしくは管理会社の責任となるので、逆に損害賠償を請求できます。

そして、共有部分(エントランスやエレベーターなど住居者全員が共有しているポ場所)に問題があった場合は、そこの管理は大家もしくは管理会社が管理すべき箇所なので、問題の責任は管理者側にあります。

水漏れ発生時に管理者会社が行う対応

ここでは、水漏れが発生した場合管理者が行うべき対応を紹介します。

水漏れ発生箇所と原因の特定

まず、発生箇所と原因を特定します。特定することで、責任の所在や原因の箇所の状況を把握することができます。そして、特定することで次に打つべき対処方法もわかります。

損害賠償のための原因追及

雨漏りの改善と併行し、原因の追求も行います。原因の追求方法としては、水漏れ事故発生時の天候や上層階の人が不在だったか否か。

そして在宅だった場合、それは給排水時だったか。他にも入浴していたり水回り関係の設備に不備あったりしてないかを確認します。ここで何らかの問題が見つかった場合、原因は特定できます。

もし、それでも原因がわからない場合は、雨漏り修理の専門業者を利用しましょう。もしくは、最初から業者に依頼してスピーディーに解決するという手段もあります。

損害賠償保険等の申請

もし、原因が責任者側にあった場合、水漏れ被害に遭った住人全員から損害賠償を請求され、高額の損害賠償を支払うことがあります。

逆に、住人の誰かが原因だった場合、個人に高額の損害賠償請求が発生し、返済しきれないこともあります。

そうならないためにも、万が一の事故に備えて損害賠償保険に加入しましょう。加入することによって損害賠償の大部分を負担できるため、致命的な出費になるリスクは大幅に減ります。

特に水漏れ事故は原因が特定しにくいため、「マンション総合保険」に特約を付加することで個人賠償責任を担保することができます。

もし、保険に加入して水漏れ事故が起きた場合は、管理会社や保険会社に連絡し保険申請の手続きをしましょう。

迅速な対処が肝心

物件の水漏れは、放置すればするほど被害が悪化してしまうため、「早期発見」「早期解決」で迅速な対応が必要となります。

そんなリスクを減らすためのリスクヘッジとして、マンションの管理会社は非常に重要な存在です。管理会社の利用は、賃貸経営者にとって必要最低限の義務とも言えるのです。

戸数別に選んだ横浜の賃貸管理会社2選はこちら
TOP