HOME » 賃貸管理会社が対応できるトラブルとは » 賃貸管理会社の家賃回収

賃貸管理会社の家賃回収

マンションやアパートなどの賃貸物件を経営するうえで避けては通れないのが、家賃の回収です。面倒な手間を避けたい方は管理会社に任せると良いでしょう。賃貸管理会社はどのように家賃回収を行うのでしょうか。

賃貸管理会社が行う家賃回収

money

賃貸管理会社は次の流れで家賃回収を行います。

入金確認

家賃回収業務のスタートとなるのが、家賃が入金されているか確認することです。家賃の入金が確認できない場合、次の業務へ移ります。

入居者へ電話連絡

期日までに家賃の入金が確認できない場合、賃貸管理会社は入居者へ電話で連絡します。具体的には、家賃が入金されていないことを伝えて、現在の状況と今後の入金予定を確認します。うっかり振込みを忘れている場合などでは、1回の連絡で入金してもらえることが多いようです。

フォローアップ(入金確認)

電話連絡で今後の予定を確認できたら、予定に基づき入金を確認します。経済状況などによってはすぐに家賃を支払えないこともありますが、入金予定を確認しておけば安心して待つことができます。

ちなみに、管理会社と滞納保証付きのプランを契約している場合、入金が遅れている家賃を賃貸管理会社などが立て替え払いしてくれます。家賃滞納が心配な方は、滞納保証付きプランを検討するとよいかもしれません。

支払いがない場合は督促状を送付

入居者へ電話で連絡できない場合や、電話で連絡しても入金がない場合は、督促状を送付します。督促状を送付することで強い意志を示すことができます。あるいは、賃貸管理会社によっては、入居者と会って口頭で入金を促します。

連帯保証人へ連絡

入居者に連絡がつかない場合や、入居者に支払う意思が見られない場合、支払う能力がない場合などは、連帯保証人へ連絡し本人に支払いを促してもらう、あるいは家賃の支払いをお願いします。

内容証明書郵便の送付

督促状の送付、連帯保証人への連絡でも支払いが行われない場合は、内容証明郵便を送付します。内容証明郵便を送る目的は、支払いが行われなければ法的措置をとることを伝えるためです。支払いを拒む入居者へ強いプレッシャーをかけることができます。

裁判で家賃を回収

内容証明郵便を送付しても入金が行われない場合は、裁判で家賃を回収します。利用する裁判制度はケースにより異なります。裁判所が支払いを促す支払督促、60万円以下の請求であれば1度の裁判で結審する少額訴訟を用いるケースが多いようです。

確認の頻度と回収実績で賃貸管理会社は選ぶ

賃貸管理会社は以上の流れなどで家賃を回収します。面倒な手続きを代行してくれるので賃貸物件オーナーにとって頼りになるサービスと言えるでしょう。賃貸管理会社を選ぶポイントは、確認業務の頻度と回収実績と言われています。これらが優れている賃貸管理会社は、長期間の滞納を起こしにくいのでトラブルを拡大させづらいといえます。

家賃回収にまつわるトラブル

続いて、家賃回収にまつわるトラブルを紹介します。

家賃を回収するまで大変な手間がかかりました

トラブルを起こしたのは、職業や勤め先などに問題がなさそうだった入居者さんです。入居間もないころから家賃の入金が遅れがちだったのですが、数日程度の遅れだったので「忙しいのかな?」と思い気にしていませんでした。

入居から1年程たつと、少しずつ遅れる期間が長くなっていきました。やがて、月単位で支払いが遅れるようになり、電話で連絡することに。しかし、こまめに連絡をしても状況は改善しませんでした。ついには、家賃の滞納が2カ月以上になったので督促状を送るなどの対応をしました。

最終的には、連帯保証人に連絡して本人から支払ってもらうことになったのですが、何度も家賃を催促しているとこちらが悪いことをしているような気分になりました。また、督促状の作成などわからないことだらけで手間もかかりました。労力を違うことに使ったほうが効率的と思えたので、今後は賃貸管理会社に家賃回収を任せようと思っています。

戸数別に選んだ横浜の賃貸管理会社2選はこちら
TOP