HOME » 信頼できる管理会社の選び方 » 集客力・空室対策に強い

集客力・空室対策に強い

賃貸管理会社の集客力・空室対策とは

本ページでは、賃貸経営における管理会社選びにて大きな判断基準となる、集客力・空室対策についての考察を述べていきたいと思います。

率直に言ってしまいますと、賃貸経営において集客力・空室対策というものは、賃貸経営そのものが成り立つか否かを左右する、最重要項目になります。

実際にオーナー業を手がけている方には、いささか釈迦に説法ですが、賃貸経営とは入居者からの賃料が唯一無二の収入源であり、入居者が決まらず空室が続くということは、その期間の収入は無くなり、ローンの返済計画などにも大きく支障をきたします。下手をすれば、賃貸経営そのものが破綻しかねません。

それゆえ、賃貸経営における管理会社選びにおいては、集客力・空室対策というものが、最重要項目となるのです。それこそ、経営している賃貸物件で空室が長く続いているようならば、真剣に管理会社の変更を検討すべきでしょう。

大きな判断材料となるのは「入居率」、ただし・・・

では、賃貸管理会社の集客力はどのように判断すればよいのでしょうか?

一番分かり易いのは、その業者が発表している「入居率」です。当然ながら、数字が高ければ高いほど、その業者は集客力・空室対策に長けていると言えます。

ただし、その数字の見方には注意が必要です。例えば業者によっては、前入居者が退去してから、原状回復や清掃、リフォームなどを行なっている期間は空室として扱わず、入居ができる状態となってから初めて空室状態であるとすると言った手合いも存在しているからです。

逆に、その業者が戸数の多い新築マンションを請け負った場合、一時的に入居率は下がることになります。そうした数字のマジックが起きているかどうかも含め、正しい判断が必要です。

集客の方法や戦略についてもチェックしておきたいところ

また集客力という点でも、どのような方策や戦略を実施しているのかが重要。大手と中小では前者の集客力の方が強い傾向があります。

しかし、たとえ中小の管理業者であっても、いわゆる地域密着型でその地域に精通している業者であれば、ライバルとなる物件の有無や適正価格、その物件ならではのセールスポイント、さらにはスーモやアットホームなどの不動産ポータルサイトへの広告出稿といった客付け戦略を徹底して行なってくれる所も少なくありません。依頼を検討してみる価値は十分にあるでしょう。

繰り返しになりますが、現在空室が長く続いているとお悩みの物件オーナーは、依頼している管理会社の集客力や空室対策についてチェックしてみてください。その上で、空室解消の期待が持てないようであれば、直ちに管理会社の変更を検討すべきです。

戸数別に選んだ横浜の賃貸管理会社2選はこちら
TOP