HOME » 信頼できる管理会社の選び方 » 大手と中小の違い

大手と中小の違い

どちらを選ぶ?大手と中小の管理会社

本ページでは、管理会社の選び方に際して、大手管理会社と中小管理会社の違いや、それぞれの特性などについての考察をご紹介していきたいと思います。

結論から先に申してしまいますと、大手と中小、どちらが良いというのは一概には言えません。それぞれに一長一短があり、それこそ100人の物件オーナーがいたら、正解は100通り存在します。つまりは、ご自分の賃貸経営の規模や方式、本業との兼ね合い、物件の立地といった様々な要素を総合的に判断して選ぶのが肝心です。

そして、その判断を行う上での材料として、大手と中小の管理会社それぞれにどんな特徴や強みがあるのかを知っておくことが重要です。詳しく見ていきましょう。

大手と中小、それぞれの管理会社のメリットとデメリットとは?

大手管理会社の場合

メリット

  • 一般的な知名度の高さとそれに伴う安心感により、集客力という点では、中小管理会社を上回っていることが多い。空室解消などにも期待が持てる。
  • 大企業ゆえに、ビジネスが体系化されているため、サービスの質は一定のレベルには達している。

デメリット

  • 中小管理会社に比べ人事異動が起こりやすく、担当者の入れ替わりがより頻繁となる。信頼関係の構築や情報の引き継ぎなどが上手くいかないケースも。
  • 大組織ゆえの命令系統や上意下達の風潮が強く、フットワークや対応のスピーディさには欠ける場合が多い。

中小管理会社の場合

メリット

  • いわゆる地域密着型で長年経営している業者であれば、その地域の事情やライバルとなる物件情報、家賃相場などにも精通しており、レベルの高いサポートが期待できる。
  • 大手に比べ、フットワークの軽さが魅力。何か問題が起きたらすぐに駆けつけてくれる安心感や、担当者の裁量で融通を効かせてくれるといった細やかな対応をしてくれます。

デメリット

  • 業者間でのサービスの質には差がある。上記で挙げたメリットは、あくまでも質がよい業者の場合。また同じ業者であったとしても、担当者によってアタリハズレがある場合も多い。
  • 大手に比べ人員は少なくなるため、場合によっては労力が手薄になるケースも。また、近年需要が増えている外国人居住者への対応ができない業者が多いのも現実。

まとめ

以上の特性を鑑みると、例えば大手管理会社は、比較的所有する物件戸数が多く、本業をお持ちで基本的には管理会社に任せたいという方向け。中小管理会社は物件戸数が比較的少なめで、賃貸経営に関われる・関わりたい方向けという感じになります。

あくまで大まかな傾向であり、実際には例外となるケースもありますが、こうした特性はぜひ踏まえておいてください。

戸数別に選んだ横浜の賃貸管理会社2選はこちら
TOP