横濱コーポレーション

収益物件に注力する横濱コーポレーションの特徴

本ページでは、神奈川に特化した賃貸管理会社、横濱コーポレーションについて、特徴や強み、実績、口コミ評判などを掘り下げてご紹介していきたいと思います。

横濱コーポレーションは 2012年設立と、本サイトで取り上げているなかでも特に“若い”会社になりますが、拠点を構えているのは、かの横浜ランドマークタワー。同社ならではの独自性を発揮することで業績を伸ばし、業界でも注目を集めている気鋭の業者になります。

その独自性とは、ズバリ、神奈川(実際には町田市や23区南部なども対応)の収益物件を専門的に扱い、売買から仲介、賃貸管理までをすべてワンストップで対応。「物件を売却したら終わりではなく、購入いただいてからがスタート」というモットーを掲げており、また神奈川に特化することで、地域の賃貸需要や相場、立地特性などを正確に把握でき、さらには取引業者や売主とのネットワークも密に構築できるとしています。

ちなみに実績面としては賃貸管理戸数は1,033、収益物件の成約件数は192件に登るとのこと。設立数年でこれだけの実績は、確かに注目に値します。なお、入居率に関しては、98%以上を目標とするとしていますが、あくまで目標であり、実際の数値は公表していません。

入居者募集に関しても、同社では自社での客付けにこだわらず、ポータルサイトへの出稿や賃貸入居者の仲介会社への依頼をフレキシブルに活用するとのこと。その数は週あたり100に登るとしています。

賃貸管理においても独自の方策を実施。例えば、同社に管理を依頼した時点で空室がある場合、満室になるまで管理料は無料というもの。また同社から購入した物件で同社のレントロールで定めた家賃で入居者が集まらず賃下げをした場合、その差額も同社が負担するとのこと。ここまでのことをしている業者はなかなかありません。

もちろん、既に物件をお持ちのオーナーからの依頼にも対応しています。ちなみに管理委託手数料は賃料の5%。サブリースに関しては言及が見られないため実施していないものと思われます。

横濱コーポレーションの口コミ評判

「現在アパートを5棟所有していますが、それぞれ別の管理会社に委託しています。その中でも横濱コーポレーションは、客付けのスピーディさが他の4社とは比べ物になりません。新しい会社ゆえに、他社とは違うやり方にチャレンジしているからこそなのでしょう」

横濱コーポレーションの基本データ

  • 本社…横浜市西区みなとみらい2-2-1横浜ランドマークタワー38階
  • 設立…2012年
  • 資本金…5,000万円
  • 宅地建物取引業…神奈川県知事 (1) 第28420号
  • 営業時間…10:00~19:00
  • 定休日…火・水曜日
戸数別に選んだ横浜の賃貸管理会社2選はこちら
TOP