HOME » 横浜の大手賃貸管理会社まとめ

横浜の大手賃貸管理会社まとめ

横浜も対応の大手賃貸管理会社、それぞれの特色は?

本カテゴリーでは、横浜も対応エリアとしている大手の賃貸管理会社をピックアップし、各社の特徴や強み、実績、口コミ評判などを掘り下げてご紹介していきたいと思います。

東急リバブル

その名称の通り、東急グループの不動産事業者になります。厳密に言えば、電鉄や流通系とは別会社ですが、横浜市民にとっては、東急の関連企業はまさに切ってもきれない関係と言える存在ですね。

また、近年では、お笑い芸人さんと子役さんが親子に扮して、コミカルな掛け合いを行うテレビCMでもお馴染みです…

東急リバブルの詳細まとめへ>>

エイブル

人気タレントさんを起用したテレビCMを積極的に放映している大手不動産会社の一角であり、全国規模で賃貸物件仲介や賃貸管理を行なっています。ちなみに横浜市内だけのも、実に26店舗を有している程です。

また、2011年以降は、こちらもテレビCMなどでお馴染みの賃貸物件ポータルサイトCHINTAIを傘下に擁しています…

エイブルの詳細まとめへ>>

日本財託

1990年設立。東京本社は西新宿、加えて名古屋市にも拠点を展開しています。そんな同社は、賃貸管理会社であると同時に、不動産投資向けの収益物件の売買・仲介を手掛ける会社でもあります。

言ってみれば、これから賃貸物件オーナーになろうとしている方向けに、物件入手から入手後の賃貸管理までをワンストップで依頼できる…

日本財託の詳細まとめへ>>

ランドネット

1999年の設立から15年以上の歴史を有する不動産事業者になります。住居向けの物件売買はもとより、不動産投資向け物件の販売、住宅のリフォーム、さらには不動産投資のセミナー開催なども手掛ける総合不動産業者という位置づけになります。

もちろん賃貸管理業務の委託にも対応。知名度や事業規模は旧財閥系や電鉄系、建設会社系ほどではありませんが…

ランドネットの詳細まとめへ>>

MDI

MDIという会社の大きな特色は、なんといっても、賃貸管理会社としての顔をもちながら、自社ブランドマンションも手掛ける、建築会社としての顔も持っているという点に尽きるでしょう。

それも一般的な一戸建てやマンションではなく、土地活用をしたいオーナー向けに、賃貸物件を自ら企画・設計し建築、そしてその後の賃貸経営までトータルに…

MDIの詳細まとめへ>>

ハウスコム

ハウスコムという会社名だけを聞いてもピンと来ないという方は、多いかもしれません。

しかし、大手建設会社である大東建託の傘下グループ会社であり、「いい部屋ネット」の運営にも携わっていると聞けば、多くの方が「ああ~」と思うのではないでしょうか。

ちなみに親会社である大東建託は、国内でもサブリースシステム同社では「賃貸経営受託システム」と呼称の第一人者としても知られますが…

ハウスコムの詳細まとめへ>>

利用前に知っておこう!横浜の大手賃貸管理会社のメリット・デメリットについて

賃貸物件運用の成功の鍵を握るのが、管理会社選びです。管理会社の規模によってメリット・デメリットも異なってきます。ここでは、納得できる賃貸管理会社選びに繋がる、横浜の賃貸管理に対応している大手賃貸管理会社の、メリット・デメリットをまとめました。

横浜の大手賃貸管理会社の4つのメリットとは

知名度の高さによる安心感

色々なメディアで一度は名前を目にしたことがある、有名ハウスメーカーや不動産業者の関連企業なら、信頼と実績もバッチリ。大切な物件でも安心して賃貸管理を任せられます。

物件の空室のリスクが発生しにくい

全国展開や会員向けサービスなど、大手だからこそできる手法で手広く入居募集を掛けられますので、より多くの入居希望者を集められます。さらに、大手賃貸管理会社のネームバリューは入居希望者にも安心感を与え、その後の入居にもつながります。

実績とノウハウがある

大手賃貸管理会社は、多くの賃貸物件管理を手掛けてきた豊富な実績も強みです。賃貸管理に関するノウハウを企業で蓄積しているので、例えば担当者が入れ替わったとしても、対応が大きく変わってしまうということはあまりありません。

大きな信頼

大手賃貸管理会社はネームバリューの大きさに比例した信頼を持っています。そのため、契約者や入居者の信頼を失うようなことは一切しません。よって、一定レベル以上の対応力が期待できます。

横浜の大手賃貸管理会社の3つのデメリットとは

安心感の大きい大手賃貸管理会社ですが、実はデメリットもあります。

「大手ならではのサービス」が実は減っている

インターネットが普及したことによって、地域限定で活動している中小規模の賃貸管理会社でも、日本全国に賃貸物件情報を発信できるようになりました。また、「24時間いつでも問い合わせ可能」などの会員限定サービスも、自社でコールセンターを持たなくてもコールセンター代行企業に依頼すれば可能です。

以前は大手ならではの強みだった「全国展開」や「会員限定サービス」が、現在は中小規模の賃貸管理会社でも提供できるため、「大手でしかできないこと」が少なくなっているのです。

対応への柔軟性がない

大手賃貸管理会社には一定レベル以上の対応力はもちろん期待できますが、それ以上は期待できないのです。

例えば、1人のオーナーの方から「営業時間外だけれども対応してほしい」と頼まれたとしても、大手賃貸管理会社は「営業時間外ですので無理です」と断ることがほとんど。なぜなら、大手賃貸管理会社は企業単位で業務を行うので、イレギュラーな要望にそのつど対応していると、それだけ人件費がかかってしまうからです。

多くのオーナーが要望を出せば対応してくれることもありますが、1人、2人のオーナーの要望では大手賃貸管理会社は動きません。

一方で地域密着型の中小規模の賃貸管理会社なら、営業時間外の依頼でも対応するなど、フットワークが軽く柔軟性が高いのです。

担当者の入れ替わりが激しい場合がある

メリットでも紹介したとおり、大手賃貸管理会社は企業側で賃貸管理に関するノウハウを蓄積しているので、担当者が代わっても対応が大きく変わることは少ないです。

しかし、せっかく信頼関係ができた担当者がいても、人事異動で変わってしまうことも多く、残念な気持ちになるケースもあるでしょう。

信頼できる横浜の賃貸管理会社を探そう

横浜は首都圏第二の経済規模を誇る大都市であり、神奈川県の県庁所在地でもあるので、横浜の賃貸物件に対応している賃貸管理会社も多数あります。管理会社選びは迷いがちですが、大手・中小規模ともに賃貸管理会社のメリット・デメリットを理解すれば、信頼できる管理会社選びに繋がりますよ。

戸数別に選んだ横浜の賃貸管理会社2選はこちら
TOP