HOME » 今さら聞けない賃貸管理会社のいろは » 家賃減額を阻止するサブリースサービス

家賃減額を阻止するサブリースサービス

アパートやマンションを所有していても、入居者が集まらないので家賃収入を得られないという悩みを持つ人もいることでしょう。

実際に家賃減額をしても集まらないこともあるため、サブリース契約をして入居者を集めておくのがおすすめです。

ただ、サブリース契約とはどういうものか、メリット・デメリットを把握しておくことが大切です。

サブリース契約で失敗しないために必要な知識

サブリース契約とはどんなものか?

サブリース契約とは、不動産会社に賃貸物件をまとめて借り上げてもらい賃料を得ることです。

不動産会社が入居者を探して、借り上げた部屋を貸し出し家賃を回収、その家賃を賃貸物件の貸主に支払うというシステムをサブリースといいます。

簡単にいえば、物件を又貸ししているようなものです。

サブリース契約には、次のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

  • 空室リスクを避けることができる
  • 不動産会社が管理業務を代行してくれる
  • 入居者のクレームに不動産会社が対応
  • 確定申告の手間が省ける

入居者がいないと不動産会社が毎月の家賃を支払うことになるので、空室対策が徹底されています。

他にも、家賃回収からクレーム対応まで幅広い業務を代行してもらえるので、運営の負担削減・入居者とのトラブル回避といったメリットが得られます。

デメリット

  • 家賃収入が少なくなる
  • 家賃減額もあり得る

サブリース契約を行うために、保証料を支払う必要があります。この料金は家賃収入から引かれるため、得られる額が少なくなる恐れがあります。

また、入居者が集まらない場合には、家賃減額を施して空室対策をする可能性が高いため、当初設定していた運用プラン通りに進まなくなるケースもあります。

解約の規制も複雑

サブリースを解約する際は、契約期間の満了の1年前に更新拒絶の通知をだす必要があります。

また、解約するための正当な理由がなければ解約できません。満期になっても不動産会社側からサブリース契約の更新を打診されても、正当な理由がない限り契約を断ることは難しいでしょう。

逆に、不動産会社側はサブリース契約を簡単に解約することが可能です。

家賃減額に応じないと契約を解除させられることもあるので、サブリース契約を行う際は注意が必要です。

きちんと協議した上でサービスを利用すべし

サブリース契約は、家賃収入を副収入と考えている人に最適な方法です。しかし、自身で考えた運用プランを進めたいのであれば、自分で賃貸経営を行うしかありません。

サブリース契約を上手く利用するためには、契約する不動産会社との話し合いが大切です。

自分が欲しい家賃収入を伝えること、不動産会社が行う空室対策を知ることから始めます。お互いの認識を合わせておけば、契約後のトラブルを防ぐことができるでしょう。

他には、定期借家契約という方法もあります。

定期借家契約は、契約期間を短く設定することができ、契約期間が終了してもそのまま更新せずに打ち切ることが可能です。

定期借家契約を利用する際は、家賃減額についても話し合ってください。

家賃減額の請求ができないよう特約を付け足すことで、希望した家賃を得ることができるでしょう。このような話し合いをして、サブリース契約の問題を解消すれば上手く利用できます。

場合によっては専門家に相談

賃貸経営を成功させるためには、サブリース契約に関する知識を学ぶことが必要です。

ですが、不動産関係に詳しくない人が全てを知ることは難しいでしょう。不安な人は、不動産関係に強い弁護士に相談するという方法もあります。

サブリース契約が原因で起こる被害を、防ぐための弁護団があります。実際に家賃減額などのトラブルにも対処しているので、強い味方となるはずです。

専門家に不動産会社との契約内容を相談して、トラブルのない契約をしましょう。

戸数別に選んだ横浜の賃貸管理会社2選はこちら
TOP