管理会社の業務

管理会社に委託できる業務のまとめ

本ページでは、賃貸物件オーナーが賃貸管理会社に委託できる主な業務内容、「入居管理」と「建物管理」について掘り下げてご紹介していきたいと思います。

すでに賃貸経営を手がけておられる物件オーナーの方であれば先刻ご承知のことと思いますが、物件オーナーの仕事を、すべてを自らこなすことは大変困難です。100%不可能とは言い切れませんが、かなり大変なのは間違いありません。

それゆえに、オーナー業務をしっかりサポートしてくれる管理会社選びが大切なのです。なかでも、賃貸経営の成功を大きく左右する要素はズバリ、「入居管理」と「建物管理」になります。

賃貸経営の成功を大きく左右するのが「入居管理」

「入居管理」は、それこそ管理会社に委託する業務の中でも、最重要項目と言えます。「餅は餅屋」の諺の通り、その道のプロのサポートが不可欠です。単に入居者を募るということだけでなく、入居者の審査や質問に対する回答、クレーム対応、家賃や礼金・敷金の交渉、トラブルが起きた場合の処理など。こうしたノウハウや経験が必須な各種業務を物件オーナーが自らこなすのは、かなりの負担です。

とりわけ重要なのは家賃の回収という業務。これがしっかり行えないと、賃貸経営に大きな支障をきたすことは言うまでもありません。もちろん家賃の滞納が発生した場合は、督促などより大きな手間がかかります。

また他にも、ペットの無断飼育や騒音トラブル、ゴミだしルールを守らないなどの入居者トラブルへの対応も必要になります。優れた管理会社であれば、こうした業務をすべて委託し任せることができるのです。

物件の資産価値を下落させないための「建物管理」

もうひとつ重要なのは、「建物管理」です。一戸建て住宅でも基本は同じではありますが、入居者に賃料を払ってもらう賃貸住宅においては、建物を「正常な状態に保つ」ことは、物件価値や家賃相場、さらには入居者の質を維持するためにも重要なのです。

やらなければならない主な項目としては、階段、エントランス、外構などの共用部分の清掃や、電気・ガス・給排水設備などの定期点検やメンテナンス、外壁の傷み・塗装のはがれ・鉄部の錆・樋の破損・外構の破損などが発生した場合の修理依頼などが必要になってきます。

こうした業務もまた、物件オーナーが自らすべて行うことはなかなか困難です。

特に、会社務めなどの本業をお持ちの場合や、普段お住まいの自宅と物件が離れていて通うのに時間がかかるといった場合はなおさらです。管理会社にこれらの業務を委託すれば、オーナーは煩わしく不慣れな対応から解放されることになります。

これこそが、管理会社に業務委託を行う最大のメリットに他なりません。またそれゆえに、あくまで「優良」な業者選びが不可欠なのです。

戸数別に選んだ横浜の賃貸管理会社2選はこちら
TOP