HOME » 今さら聞けない賃貸管理会社のいろは » 管理会社を変更すべき場合とは

管理会社を変更すべき場合とは

賃貸管理会社を変更すべきケース

本ページでは、賃貸物件オーナーが賃貸管理会社の変更を考えるべきタイミングと、その際の手順について考察していきたいと思います。

賃貸経営を行う物件オーナーが、賃貸管理会社に業務委託を依頼する理由とは、ひとえに、その道の専門家としてのノウハウを持って、アドバイスやサポートをしてもらうために他なりません。入居者募集しかり、入居者管理しかり、そして物件管理しかりです。

しかしながら、ひと口に賃貸管理会社といっても、その能力や得意・不得意分野は異なるもの。依頼している業者が最適なのかどうかは、じっくり吟味する必要があります。

例えば、長期間入居者を確保することができず、空室が続いてしまえば、賃貸経営や銀行への返済、収入に悪影響を及ぼすのは必至です。住民クレーム対応や家賃滞納に対して、レスポンスが悪い、放ったらかしといった場合も同様。

また、いわゆる悪徳業者になると、本来必要のないリフォームを行うようにオーナーに言いくるめ、リフォーム業者から賄賂を受け取るといった事例も報告されています。これらはあくまで例ですが、類似するような問題点や不満を抱えているなら、はっきり言って管理会社を変更した方がよいでしょう。

管理会社を変更するには何をどうすればいいか

その上で、実際に管理会社を変更する場合、注意すべきポイントとして、以下のような項目が挙げられます。

なるべく早めに、入居者に管理会社変更を通知

目安として、変更の2ヶ月前位までに、管理会社変更と家賃の新たな振込先を明記した書面を送付し、無用な混乱を招かないようにすべきです。

ちなみに管理会社の変更は数ヶ月程度の日数を要します。

契約内容の確認と見直し

これまでの管理会社と新しい管理会社との契約内容に違いが無いかを確認します。例えば委託費用のパーセンテージ、定期巡回や清掃などの頻度、建物の点検方法や頻度など。

内容によっては入居者への説明や了解を得なければならない場合もありえます。

敷金などの引き継ぎ

入居者から敷金などの預かり金がある場合、まず旧会社から新会社への引き継ぎを行ないます。そのうえで新会社と話し合いを行い、保管方法などを決定します。

賃料の回収日と送金日の確認

「当月受領分を、翌々月払い」といった具合に、不動産会社によって賃料の回収日と送金日が異なる場合があります。ローン返済などにも影響をもたらしますので、確認しておくべきです。

担当者の確認

新会社の体制にもよりますが、専任担当者がつくのかどうか、専任担当者なしの場合は窓口となる担当者や部署はどこなのかを確認しておきましょう。

戸数別に選んだ横浜の賃貸管理会社2選はこちら
TOP