HOME » 今さら聞けない賃貸管理会社のいろは

今さら聞けない賃貸管理会社のいろは

賃貸管理会社とは何か、その接し方とは?

本カテゴリーでは、物件オーナーが知っておくべき、賃貸管理会社に関する知識や接し方などについて、取りまとめてご紹介していきたいと思います。

管理会社の業務

すでに賃貸経営を手がけておられる物件オーナーの方であれば先刻ご承知のことと思いますが、物件オーナーの仕事をすべて自分でこなすことは大変困難です。100%不可能とは言い切れませんが、かなり大変なのは間違いありません。

それゆえに、オーナー業務をしっかりサポートしてくれる管理会社選びが大切なのです。なかでも・・・・

管理会社の業務について詳しく>>

仲介会社と管理会社の違い

賃貸管理会社とは、物件の入居者募集から賃料の徴収、クレームやドラブル対応、建物の維持管理など、物件オーナーが必要とする業務をワンストップで依頼できるという存在になります。

ただし、その一方で、不動産会社すべてが、これらの業務にワンストップで対応しているとは限らない、という現実もあるのです。また、業者にとって、得意とする業務、不得意とする業務が・・・・

仲介会社と管理会社の違いについて詳しく>>

管理委託方法の種類

ひと口に不動産業者への物件管理委託といっても、その内容は様々です。そして、どの方式がよいとは一概に言えず、各種の要素を総合的に判断して決めなければなりません。極端な例ですが、いくら管理費用が安かったとしても、入居者が長期間決まらず空室のままだったら意味がありません。

ゆえに管理委託方式の種類と特徴についても知識を深めておき・・・・

管理委託方法の種類について詳しく>>

管理委託費について

繰り返し述べていますとおり、賃貸経営において、入居者の募集から契約手続き、家賃の徴収、建物の維持メンテナンスといった業務をオーナーがひとりですべておこなうことは、かなり厳しいというのが現実です。

一方で不動産業者への管理委託費用は、なるべく抑えたいというのは人情ですね。そこでしっかり考えておきたいのが・・・・

管理委託費について詳しく詳しく>>

管理会社を変更すべき場合とは

賃貸経営を行う物件オーナーが、賃貸管理会社に業務委託を依頼する理由とは、ひとえに、その道の専門家としてのノウハウを持って、アドバイスやサポートをしてもらうために他なりません。入居者募集しかり、入居者管理しかり、そして物件管理しかりです。

しかしながら、ひと口に賃貸管理会社といっても、その能力や得意・不得意分野は異なるもの・・・・

管理会社を変更すべき場合について詳しく>>

TOP