HOME » 賃貸管理を成功に導く秘訣 » 横浜で賃貸経営を成功させるための3つのポイント

横浜で賃貸経営を成功させるための3つのポイント

横浜の賃貸経営を成功させる3つのポイント

横浜といえば観光客が多いイメージをもつ方が多いのではないでしょうか?実は横浜は全国の政令指定都市の中でも人口が多く、住む場所としても人気のエリアです。神奈川県内から東京方面に向かう電車は9路線もあり、アクセスの利便性からベットタウンとしての人気も高め。ただし、ほかの関東近郊エリアより地価が高いため、コツを知らないと入居者を集めて賃貸経営を成功させるのは難しいでしょう。このページでは横浜エリアで賃貸経営を成功させるための3つポイントをご紹介しています。

ポイント1:「横浜=家賃が高い」の概念を変えるアプローチをする

横浜市はとても広く、区によって地域特性に違いがあります。当然、中華街・赤レンガ倉庫・横浜ランドマークタワーなどの観光地が点在する人気エリア(例:中区)は家賃が高いため、ネームバリューの高さで入居者を募っても空室はなかなか埋まりません。

しかし、横浜市のほとんどは住宅街で構成されています。繁華街へのアクセスが良くて家賃が安い穴場エリアの賃貸物件を購入して「横浜は家賃が高く限られた人でしか住めない」といったイメージを覆すセールスをすれば、空室はすぐに埋まり賃貸経営を成功させられるでしょう。

ポイント2:利回りと家賃はバランスよく設定する

単純に考えれば、利回りを高く見積もり家賃を設定すると1室あたりの家賃収入が大きくなります。ただし、利回りを重視するあまりエリアや物件にそぐわない高額な家賃を設定すると、入居者が集まらず赤字になってしまう可能性があります。

地価が高いエリアの物件で賃貸経営を始めるなら、横浜ブランドをとことんアピールしましょう。家賃が多少高くても、横浜の景観の良さや繁華街に魅力を感じて入居する人は一定多数います。また、「新築で敷金・礼金ゼロで入居可!」「リノベーション済みで即入居可能!」などの付加価値をつけることで、入居率アップが期待できます。

また、地価を抑えたエリアに賃貸アパートやマンションを建設するのもひとつの手です。安定を重視して、高い利回りではなく赤字にならない程度の利回りで家賃を設定すれば、賃貸経営が成功しやすくなります。

ポイント3:横浜の立地をよく知っている管理会社に依頼する

横浜エリアの賃貸経営をするうえで最も重要なポイントです。地域密着型の管理会社なら、横浜エリアのすみずみまで、治安の良さやアクセスの利便性、買い物環境や道路情報、地形や医療施設の有無などを把握しています。地域の特性や空室ができにくい家賃相場、どんな世代に人気があるエリアなのかなど、具体的なアドバイスをもらえます。横浜で賃貸経営を成功させたい方は、ぜひ分析力・オーナーサポート力の高い管理会社を探してみてください。

戸数別に選んだ横浜の賃貸管理会社2選はこちら
TOP