HOME » 賃貸管理を成功に導く秘訣 » 空室対策はこれでOK!空室対策のイロハを覚えよう

空室対策はこれでOK!空室対策のイロハを覚えよう

効果が得られないわけがない!誰にでもできる簡単空室対策

賃貸管理によって収益を得るには、入居者がいない状態をつくらない必要性があります。空室になると家賃が入ってこないからです。

空室対策を心得ているかどうかで賃貸管理の質に大きな差が出てきます。そこで、効果的な空室対策をいくつか紹介します。

これを実践するだけで空室率大幅ダウン!やっておくべき5つの対策法

  1. ①相場を把握して家賃を設定する

    空室が生まれる大きな原因の1つに、「相場より家賃が高い」という理由があります。その土地の環境や部屋の間取り、設備などの相場に対して高く設定してしまうと、家賃以外の条件が良くても敬遠される傾向にあります。

    相場を調べるには、ネット上にある情報系サイトや賃貸管理会社への相談が便利です。相場に見合った家賃設定をするだけで空室対策に大きな効果が期待できます。

  2. ②外国人入居者を受け入れる体制を取る

    日本に訪れる外国人留学生の数は年々増えてきており、2020年には全国に300,000人もの留学生が滞在しているという調査結果が出ています。これは1988年の約10倍にもなる数字です。

    外国人を入居者として積極的に受け入れる体制に整えれば、当然入居希望者の数が増え、十分な空室対策が取れます。もちろん文化やマナーにおける近隣トラブルが起きる可能性もないわけではないので、そこは入居前に行う説明や賃貸管理会社への依頼などで対応するようにしましょう。

  3. ③家具・家電付き物件にする

    引っ越しをして一人暮らしを始める学生や社会人が気にするのは、やはり引っ越しにおける初期費用についてです。その費用の大部分を占める家具や家電は、全て含めるとかなりの額となってしまいます。

    つまりこれらが揃っている部屋を用意すれば、初期費用を抑えたい人が物件に興味を持ってくれるというわけです。

    ターゲットに合わせたコーディネートを意識すればより大きな対策効果が得られるでしょう。

  4. ④フリーレント期間を設ける

    フリーレント期間というのは、文字通り無料で貸し出す期間という意味です。契約しようかどうか迷っている人に対し、一定期間家賃を無料にして住み心地を体感させるという目的の下設けます。

    もし住環境に満足してもらえれば、従来の条件で契約を結んでもらえる……というわけです。

    ただフリーレント期間を設ける際は、その期間中は家賃が得られない、ということを覚えておきましょう。

  5. ⑤賃貸登録できるサイトに登録する

    ネット上にはオーナーが賃貸登録できるサイトが数多くありますが、中には無料で登録できるサイトもあります。つまり、オーナー自らが所有物件を売り込めるということです。

    注意したいのが、空室がない状態だと登録できないという点です。この対策法は、あくまで空室ができたときのみ実施できる方法だと覚えておきましょう。

戸数別に選んだ横浜の賃貸管理会社2選はこちら
TOP