HOME » 賃貸管理を成功に導く秘訣 » 初心者だからこそ把握すべし!賃貸管理の基本業務

初心者だからこそ把握すべし!賃貸管理の基本業務

賃貸管理をする上で覚えておくべき基本業務

賃貸管理を自分1人の力で行うのはとても大変です。そこで役に立つのが賃貸管理会社です。

では、具体的に賃貸管理会社はどのようなことを手伝ってくれるのでしょうか。Q&A形式でご紹介します。

賃貸管理における初心者向けQ&A

Q:賃貸管理って具体的にどのようなことを行わなければならないのですか?未経験なので何かと心配です…

A:賃貸管理業務には、「基本業務」と呼ばれるものと「不可業務」と呼ばれるものがあります。業務内容は以下の通りです。

基本業務

  • 入居者の募集
  • 保証金(敷金)の授受
  • 家賃の回収
  • 契約更新及び改定業務
  • 入居者管理(入退去の立会い、トラブル対応、鍵の保管など)
  • 敷地内の清掃
  • 建物・設備・敷地の管理
  • 解約業務

付加業務

  • 賃料収入保証
  • 保証金(敷金)の授受

この中で重要となるのは、やはり家賃の回収やトラブル対応です。素人に難しいこれらの業務も、賃貸管理会社はスムーズかつ上手に対応してくれます。

賃貸管理を初めて行うという方は賃貸管理会社に相談し、あらゆる業務を任せたほうが良いかもしれません。何かイレギュラーなことがあっても、適切な対処をスピーディーにこなしてくれるので、大きな安心感を持った状態で管理を見守ることができます。

Q:賃貸住宅を購入したいのですが、どういう基準で土地や建物を選べば良いか分かりません。相談に乗ってくれますか?

A:もちろんです。私たち不動産管理会社は、土地選びからその土地に適した建物の提案など、賃貸管理に関する様々な質問・要望に応えるのが仕事です。

予算に応じた企画提案はもちろん、「ペット可の賃貸物件を購入したい」「単身高齢者の方が注目しそうな物件を購入したい」など、具体的な目標やビジョンに応えるよう努めます。

TOP