HOME » 賃貸管理を成功に導く秘訣

賃貸管理を成功に導く秘訣

賃貸管理に関する知っておきたいお役立ち情報

賃貸管理を任せることで入居者を集めたり、長く住んでもらったりできます。しかしそれだけでなく、オーナー自身も注意しなければならないことがあるので、それに気をつけ、賃貸管理を進めていきましょう。

こちらでは賃貸管理をしてもらう前に大事な役立ち情報の紹介をしています。

賃貸管理前に必要なポイント

抑えておくべきポイントを2つ紹介します。これから賃貸管理を始める方はしっかりと頭に入れておきましょう。

マンションやアパートを購入するなら余裕を持つ

賃貸管理を依頼すれば空室を防げると思っている方も多いでしょうが、なかなかそうはいきません。約3割は空室になるとされています。そうすると70%の収入となるので、残り30%分がなくても赤字にならないように計画を立てる必要があります。

アパートローンを組んで何とかやり取りをしている方もいますが、資金的に四苦八苦してしまうでしょう。

余裕を持って自己資金を用意していれば、たとえ空室があったとしても家計に負担を掛けることなく賃貸経営を行えるのです。

また、自己資金があればエアコンの交換をしたり、暖房機能付き便座に替えたりと設備を最新にできるので、入居率のアップを目指せます。

物件選びは慎重に行う

空室のリスクを抑えるためには、物件選びを慎重に行わなければなりません。どのような物件が空室になりにくいのか知っておきましょう。

  1. ①立地が良い
  2. 立地が良い=利便性が良いということです。

    • 最寄り駅まで徒歩10分以内
    • 頻繁に利用する路線が主要駅に出る
    • 物件の近くにコンビニが点在する
    • 飲食店の種類が豊富
    • 病院・銀行・郵便局などの施設がある

    など、交通面と環境面が重要になってきます。日常生活に困らないかがポイントです。

  3. ②エリアとニーズがマッチする
  4. 学生が多い、社会人が多いなどエリアによってニーズは様々です。そこで、そのニーズに合った物件を選びましょう。

    例えば学生が多いのなら間取りは多少狭くても家賃設定は低い物件、社会人が多いのなら間取りが広く、設備も充実している物件が求められます。

  5. ③プライバシーが保護されている
  6. プライバシーが保護されていない物件だと安心して暮らすことができませんから、プライバシーが守られている物件か確認しましょう。アパートは2階建てがほとんどなので、その周辺に階数が高い建物があるか他物件のチェックも行っておきましょう。

これらにも注意しておかなければ入居者は集まりません。賃貸管理の依頼をしても結果が現れにくいでしょう。

余裕を持った自己資金の準備、入居者が求めるような物件選びを徹底して行うようにしましょう。

こちらでは他にも様々なお役立ち情報を紹介しているので、ぜひ目を通して賃貸管理の参考にしてください。

初心者だからこそ把握すべし!賃貸管理の基本業務

初めて賃貸管理を行う場合は、いったいどんなことをすればいいのかもわからず、不安が募ってしまうものです。
まずは、賃貸管理に必要な基本的な業務や付加業務について知っておきましょう。
もちろん、賃貸管理は管理会社に依頼することができますが、自分でもどんな管理をしてくれるのか知っておけば、トラブルを回避することにつながります。
基本的な管理業務だけでなく、追加で依頼した方がよいこともありますし、ある程度は自分で行えることもあります。
管理にかかる費用や、どこまで任せればいいかという線引きを決定するときのためにも、しっかり把握しておいてください。
賃貸管理の基本業務について、初心者向けのQ&A形式でご紹介していますので、不安なことがある場合はこちらに目を通しておくといいでしょう。

初心者だからこそ把握すべし!賃貸管理の基本業務について詳しく>>

今大人気の賃貸カスタマイズって一体どういうもの?

アパートやマンションを経営する場合、部屋を賃貸に出すときに気になるのが手持ちの物件の需要の高さです。人気のない物件は空室が増えてしまって利益が出にくくなります。
そんな時に頼りになるのが「賃貸カスタマイズ」。
これは、入居者が設備や内装などを選んだり、大規模な修繕まで行えるというシステムです。
費用や時間はかかりますが、入居者の希望通りの部屋にすることができれば、入居率も高くなるので今人気となっています。
こちらのページでは、ほかにもいろいろなメリットがある賃貸カスタマイズを詳しくご紹介しています。
これから賃貸経営をしたい人や、空室をなくすためにできることはないか探しているオーナーさんはぜひ参考にしてみてください。

今大人気の賃貸カスタマイズって一体どういうもの?について詳しく>>

空室対策はこれでOK!空室対策のイロハを覚えよう

賃貸管理でもっともネックになるのは、やはり空室が増えてしまうこと。資産運用のためにアパートやマンションを購入しても、入居者が増えずに空室ばかりでは家賃収入がなくて利益を生むことができません。
そんな事態にならないように、簡単にできる空室対策をご紹介しています。
難しいことではなく、家賃を見直してみたり、入居者の幅を広げたりといったシンプルなことでもありますし、付加価値を付けることで入居者を増やすという手段もあります。
すべてを実践する必要はありませんので、ひとつでも効果がありそうなことを実行するだけでも対策としては有効でしょう。
家賃を少し下げるだけで満室になれば、結果的に利益は大きく増えますし、ちょっとしたことで入居者の目に留まる可能性もあります。
まずは、こちらに紹介している方法の中でできることはないか確認することから始めてみてください。

空室対策はこれでOK!空室対策のイロハを覚えようについて詳しく>>

大家として成功するには賃貸管理会社との協力が重要

賃貸管理を代行してくれる管理会社は、一方的に要望を押し付けるばかりではなく、お互いの歩み寄りが必要なケースもあります。
実際、物件のオーナーと管理会社の間でトラブルが発生することもあるので、あまりお客様目線にならずに、協力する関係性を保つようにしましょう。
こちらのページでは、管理会社とのトラブルの例や、管理会社との上手な付き合い方、トラブル防止のためにできることなどをまとめています。
また、管理会社に好かれる大家さんの条件も載せていますので、もしすでに管理会社とのトラブルが発生している場合には、こちらを読んでご自分を省みるきっかけになれば幸いです。
管理会社も入居者も人間ですので、借りている立場や契約している立場であっても、感情が関与してくることもあります。大家さんには少し寛大な心も必要になってくるのかもしれません。

大家として成功するには賃貸管理会社との協力が重要について詳しく>>

任せっきりはダメ?!不動産オーナーの必要な知識

賃貸管理のプロである管理会社に依頼する場合でも、契約したらあとは任せっきりというのは良くありません。何がよくないかというと、ご自分の資産である建物の状態や入居に関するトラブルが発生する恐れがあるからです。
たとえば、空室があるのに管理会社は何の手段も講じておらず、空室期間が長くなって家賃収入がない、住人同士のトラブルで退去者が増える、建物のメンテナンスが滞っているなど。
そういったリスクを抑えるために、オーナーもある程度管理業務を把握しておいた方がいいでしょう。
また、賃貸管理にもいくつかの契約の種類がありますので、それらの業務範囲においても知っておいてください。
信頼できる管理会社を選ぶためのコツや、後々トラブルに発展させないための注意事項などをまとめていますので、管理会社を決める前に一読しておくことをおすすめします。

任せっきりはダメ?!不動産オーナーの必要な知識について詳しく>>

適切な賃料設定の方法

アパートやマンションを賃貸経営する場合、非常に重要なポイントとなるのが賃料の設定です。オーナーとしては、なるべく高い賃料で家賃収入を増やしたいところですが、相場や物件の条件とそぐわない家賃では入居希望者が現れないのは明白です。
賃料を設定する場合に必要なポイントや、適切な賃料の求め方などをまとめていますので、これから賃貸経営を始める方はぜひ参考にしてください。
もし、すでに賃料を設定している場合でも、もしかしたらほかの物件より競争力が弱いのではないかと不安な方は、具体的な対策法も載せていますので、現在の賃料を見直す際にも役立ちます。

適切な賃料設定の方法について詳しく>>

賃貸住宅紛争防止条例と神奈川県の対応

横浜市で賃貸管理を行う人に知っておいてもらいたいのが、賃貸住宅紛争防止条例と神奈川県の対応です。
賃貸住宅紛争防止条例とは、賃貸物件に入居している人が退去する時に発生しやすい原状回復にまつわるトラブルを防止するものです。
神奈川県では国土交通省が作成した「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を遵守することを呼びかけていますので、まずはこのガイドラインの内容を把握しておく必要があります。
原状回復の内容によっては、借主の負担となるものと貸主の負担になるものが明確に分けられていますので、どんなことが貸主の負担となるのか確認しておきましょう。
原状回復による責任の所在や、敷金返還の計算などは多くのトラブル事例があります。
退去時にもめると、次の入居者が入るまでに期間が空いてしまう危険性もありますので、住んでいた人がスムーズに退去できるよう、管理する側も注意しておきたいですね。

賃貸住宅紛争防止条例と神奈川県の対応について詳しく>>

賃貸市場の動向と対策

現在の日本は少子高齢化が進んでおり、家族の形態や住まいについても歴史と共に変遷を遂げています。アパートやマンションの数は増え続けていますが、それと反比例して人口は減少傾向にあり、地方では空き家の多さが問題になっています。
都心部であっても部屋が余っているのは確実なので、賃貸経営をするなら、いかに空室をつくらないようにするかという点が重要視されています。
そのためにできることは、やはり管理会社との関係を良好にすることや、信頼できる管理会社を選ぶことなどにかかっています。
自分だけでできることには限りがありますので、ぜひ管理会社に協力してもらうようにしましょう。
こちらでは、賃貸市場の動向に合わせた賃貸管理会社の選び方や、管理会社との良好な関係の築き方などをご紹介していますので、管理会社とうまくいっていない方はぜひ参考にしてください。

賃貸市場の動向と対策について詳しく>>

家賃回収

賃貸経営の収入の要となる家賃の回収。いくら入居者が増えても、確実に家賃が回収されないと利益にはなりません。
家賃を集金するにはいくつかの方法がありますが、最近では口座振替やクレジットカードによる支払いが主流なので、直接大家さんが集金するのは少なくなっています。
銀行口座からの引き落としやクレジットカード払いなら確実性は高まりますが、口座にお金がなかったりカードが使用できなくなっていては家賃は回収できません。
そのため、家賃が入金されていない場合は、管理会社によって催促や督促が行われます。
大家さんが直接行うのは気が引ける行為ですので、やはり管理会社が頼りとなります。
こちらでは、確実に家賃を回収する方法や、管理会社による催促の方法などを載せていますので、直接対応しないオーナーの方も、対応方法について知っておくと安心かと思います。

家賃回収について詳しく>>

賃貸経営におけるファイナンシング

賃貸経営で避けられないのが、建物や設備の劣化と修繕です。収支計画を立てるときは、修繕費用を考えておく必要があります。賃貸経営に必要な修繕は次の3つです。

  • 原状回復
  • 設備の交換
  • 大規模修繕

これらの費用を無視していると、必要なタイミングで建物や設備の修繕を行えなくなる恐れがあります。必要な修繕を行えないと空室リスクが高まるうえ、建物の資産価値は下落します。思わぬタイミングで修繕が発生することもあるので、収支計画を立てるときは修繕費を多めに見込んでおくべきといえるでしょう。

一歩進んだ対策を講じたい方は、管理会社選びに注意するとよいかもしれません。適切な管理会社を選ぶことで建物を良い状態に保てる、修繕費用を抑えられる可能性が高くなります。管理会社はどのように選べばよいのでしょうか。ファイナンシングを考えるときに気を付けたいポイントと管理会社の選び方を解説します。

賃貸経営におけるファイナンシングについて詳しく>>

戸数別に選んだ横浜の賃貸管理会社2選はこちら
TOP