HOME » 賃貸管理を成功に導く秘訣

賃貸管理を成功に導く秘訣

賃貸管理に関する知っておきたいお役立ち情報

賃貸管理を任せることで入居者を集めたり、長く住んでもらったりできます。しかしそれだけでなく、オーナー自身も注意しなければならないことがあるので、それに気をつけ、賃貸管理を進めていきましょう。

こちらでは賃貸管理をしてもらう前に大事な役立ち情報の紹介をしています。

賃貸管理前に必要なポイント

抑えておくべきポイントを2つ紹介します。これから賃貸管理を始める方はしっかりと頭に入れておきましょう。

マンションやアパートを購入するなら余裕を持つ

賃貸管理を依頼すれば空室を防げると思っている方も多いでしょうが、なかなかそうはいきません。約3割は空室になるとされています。そうすると70%の収入となるので、残り30%分がなくても赤字にならないように計画を立てる必要があります。

アパートローンを組んで何とかやり取りをしている方もいますが、資金的に四苦八苦してしまうでしょう。

余裕を持って自己資金を用意していれば、たとえ空室があったとしても家計に負担を掛けることなく賃貸経営を行えるのです。

また、自己資金があればエアコンの交換をしたり、暖房機能付き便座に替えたりと設備を最新にできるので、入居率のアップを目指せます。

物件選びは慎重に行う

空室のリスクを抑えるためには、物件選びを慎重に行わなければなりません。どのような物件が空室になりにくいのか知っておきましょう。

  1. ①立地が良い
  2. 立地が良い=利便性が良いということです。

    • 最寄り駅まで徒歩10分以内
    • 頻繁に利用する路線が主要駅に出る
    • 物件の近くにコンビニが点在する
    • 飲食店の種類が豊富
    • 病院・銀行・郵便局などの施設がある

    など、交通面と環境面が重要になってきます。日常生活に困らないかがポイントです。

  3. ②エリアとニーズがマッチする
  4. 学生が多い、社会人が多いなどエリアによってニーズは様々です。そこで、そのニーズに合った物件を選びましょう。

    例えば学生が多いのなら間取りは多少狭くても家賃設定は低い物件、社会人が多いのなら間取りが広く、設備も充実している物件が求められます。

  5. ③プライバシーが保護されている
  6. プライバシーが保護されていない物件だと安心して暮らすことができませんから、プライバシーが守られている物件か確認しましょう。アパートは2階建てがほとんどなので、その周辺に階数が高い建物があるか他物件のチェックも行っておきましょう。

これらにも注意しておかなければ入居者は集まりません。賃貸管理の依頼をしても結果が現れにくいでしょう。

余裕を持った自己資金の準備、入居者が求めるような物件選びを徹底して行うようにしましょう。

こちらでは他にも様々なお役立ち情報を紹介しているので、ぜひ目を通して賃貸管理の参考にしてください。

TOP